梅田駅の中古マンションを探す

梅田駅の中古マンションの特徴

大阪市営地下鉄御堂筋線梅田駅の特徴って?
所在地/大阪市北区角田町8-6

大阪市北区角田町にある『梅田駅』は、大阪市営地下鉄御堂筋線が所管する駅のひとつです。1933年(昭和8年)、大阪市営地下鉄御堂筋線の開業と同時に『梅田駅』は仮駅として誕生。1935年(昭和10年)正式な駅として完成を果たしています。2016年(平成28年)時点では、1日乗降人員数が431,007人と、日本国内の地下鉄では最も多い乗降人員数を持つ駅。また、大阪市営地下鉄所管の谷町線や四つ橋線、阪急電鉄所管の神戸本線、宝塚本線、京都本線、JR西日本所管の大阪環状線やJR東西線といった、10本の接続路線を持つ駅です。『梅田駅』周辺には、国道176号を南北の境目に、大阪環状線を東西の境目にし、数多くの商業施設やビジネス街などが点在する地域になっています。北東方面には、「阪急三番街」や「大阪新阪急ホテル」、「梅田芸術劇場」が立ち並び、「毎日放送本社・放送センター」などのメディア関係の施設も拠点を置く地域です。北西方面には、「ノースゲートビルディング」や「グラント梅田」などの商業施設が並び、「星槎国際高等学校大阪学習センター」などの教育関係の施設も。南東方面には、「阪急うめだ本店」や「HEP FIVE」、「ザ・フェニックスホール」が、南西方面には「大丸梅田店」、「ホテルグランビア大阪」、「阪神百貨店梅田本店」が位置しています。『梅田駅』周辺は、大阪市内でも最も栄える拠点とも言える地域のため、幅広いジャンルの施設が揃うスポットです。

梅田駅の物件一覧

条件を追加↓
以下の条件で絞り込む
物件価格
築年数
延床面積
駅までの所要時間
間取り
該当件数24

現在の検索条件

沿線・駅を変更する× JR環状線
JR東西線
近鉄奈良線
京阪中之島線
京阪本線
大阪市営地下鉄堺筋線
大阪市営地下鉄千日前線
大阪市営地下鉄谷町線
大阪市営地下鉄中央線
大阪市営地下鉄鶴見緑地線
大阪市営地下鉄御堂筋線
大阪市営地下鉄四つ橋線
阪急神戸線
阪神本線
閉じる ×
沿線・駅変更:阪急神戸線梅田駅、大阪市営地下鉄御堂筋線梅田駅、阪神本線梅田駅
該当件数:24件中1〜20件表示
並べ替え
物件価格↓ 築年数↓ 専有面積↓ 新着順↓ リフォーム済
該当件数:24件中1〜20件表示

梅田駅の中古マンションをこだわりから探す

大阪市営地下鉄御堂筋線の駅から中古マンションを探す


阪急神戸線梅田駅の特徴って?
所在地/大阪市北区芝田1丁目1-2

阪急電鉄神戸線所管の『梅田駅』は、大阪市北区芝田1丁目1-2に位置する駅です。阪急電鉄神戸線以外にも、京都本線、宝塚本線、神戸本線の乗り入れがある、終着点の駅になっています。阪神電鉄の前身である、箕面有馬電気軌道が1910年(明治43年)に開業した駅です。他社の路線駅にも『梅田駅』は多数存在することから、阪急電鉄では「大阪梅田」と車内アナウンスを行い、区別化を図っています。また、『梅田駅』の構造は、10面9線を持つ頭端式ホームの高架駅。JR以外の鉄道駅では、日本最大の駅が阪急電鉄『梅田駅』です。大型駅としての役割を果たすため、他線との乗り換えをスムーズにするために、日本で初めて動く歩道を1967年(昭和42年)に設置しました。また1日の乗降人員数は、2015年(平成27年)調べで545,067人と、阪急電鉄の所管駅内では最多人数を誇る駅です。日本国内でも、有数の繁華街スポット梅田。『梅田駅』周辺には、百貨店やホテル、オフィス街、歓楽街など数多くの施設が立ち並びます。梅田1丁目は、「ダイヤモンド地区」と呼ばれ、地上価格が大阪一だったことこら名付けられた地域です。高層のオフィスビル群や、「阪神百貨店」、「ヒルトン大阪」などが立ち並んでいます。「オオサカガーデンシティ」と呼ばれる梅田2丁目は、企業が関西拠点とする「ブリーゼタワー」や、商業施設が集まる「ハービスENT」、「ザ・リッツ・カールトン大阪」、など幅広い施設や教育施設なども集まる地域です。


阪神本線梅田駅の特徴って?
所在地/大阪市北区梅田3丁目大阪駅前地下街6

阪神本線『梅田駅』は、大阪府大阪市北区梅田3丁目大阪駅前地下街6にある駅です。1906年(明治39年)に阪神本線に設置されて以来、全33駅の起点駅となっています。阪神本線と分岐する形で、同線から阪神なんば線『大阪難波駅』が存在。互いの駅名を明確化するため、車内で流されるアナウンスでは「大阪梅田」と案内され、駅利用者の間では「阪神梅田駅」の名前で区別されている駅です。阪神本線『梅田駅』の南西部あたりには、阪神百貨店梅田本店があり、阪神本線を運営する阪神グループの商業施設となっています。その他にも、オフィスや商業施設、ホテルなどが一体となったハービスOSAKAや、ハービスENT、ホテル阪神が立ち並ぶ地域で、この一体を阪神村といった愛称で呼ばれる地域です。また、阪神本線『梅田駅』では、往復乗車券を販売する専用自動販売機が設置されています。これは、プロ野球開催期間中に、阪神本線『梅田駅』から『甲子園駅』間を野球観戦に出かける利用者の向けのサービス。その他にも、阪神本線には尼崎競艇場が最寄りとなる『尼崎センタープール前駅』や、毎年1月に開催されるお祭り十日えびすの最寄り駅となる『西宮駅』などもあり、それぞれのイベント開催期間中には、往復乗車券を販売する自動販売機が登場することでも知られています。阪神本線『梅田駅』を利用する乗降人数において、減少傾向にあり、プロ野球チーム阪神タイガースの勝率にも乗降人数が大きく影響する駅のひとつです。