寺田町駅の中古マンションを探す

寺田町駅の中古マンションの特徴

JR環状線寺田町駅の特徴って?
所在地/大阪市天王寺区大同4丁目11-21

JR『寺田町駅』は大阪市天王寺区大同4丁目11-21にある駅です。1932年(昭和7年)城東線の『天王寺駅』から『桃谷駅』間に新設開業しました。駅のシンボルフラワーは「カモミール」です。駅の構造は改札口が南口と北口の2か所。相対式ホームを2面2線持つ、高架駅になります。分岐器、絶対信号機は設置されていない停留所の分類になり、こちらは鶴橋駅が管理している直営の駅です。平成25年からは大阪環状本線改造プロジェクトがスタートした事により、発車メロディも導入。曲は韻シストによる書き下ろし曲「Life Goes On」。大阪環状線のイメージソングとなっています。その他にも安全快適な駅づくりということで、全ての駅の美装と改良を行いました。そして改修工事中に広告看板を外した際に、壁に書かれた手書きの駅名標が発見されたのです。こちらは字体などから1932年の開業当時に設置された可能性があり、鉄道遺産としてとても貴重だと言われています。欠損してしまった部分を復元し、2016年5月より現地にて保存公開されています。駅の周辺は以前違法駐車された自転車が多くテレビでも取り上げられ、新聞でキャンペーンまで組まれる程でしたが、現在では違法駐車の自転車の撤去作業にも力を入れており改善されています。駅の表口にあたる北口は交通量が多く、国道25号に面しています。裏口にあたる南口の周辺は住宅や商店街が建ち並んでおり、商店も小規模になっているので閑静で過ごしやすい街並みになっています。

お問い合わせフォーム

下記の入力フォームに必要事項をご記入の上、「確認」ボタンをクリックしてください。
必須マークの項目はご記入をお願いします。

物件の条件
ご希望内容
質問内容などをご自由に記入してください。
必須メールアドレス
必須お名前
フリガナ
ご住所
必須電話番号
プライバシーポリシーに同意のうえ、送信してください。

寺田町駅と同じ沿線の駅の情報