天満橋駅の中古マンションを探す

天満橋駅の中古マンションの特徴

京阪本線天満橋駅の特徴って?
所在地/大阪市中央区天満橋京町1-1

京阪本線『天満橋駅』は、大阪市中央区天満橋京町1-1にある駅です。旧淀川(大川)に架かっている天満橋の南部に位置し、元は京阪の大阪側ターミナルとして多くの人々に利用されていました。しかし、その後に淀屋橋駅へ路線を伸ばして中間駅となったため、利用客数で見ると京橋駅や淀屋橋駅を下回っているのが現状です。駅構内の構造は、相対式ホームと島式ホームの複合型。3面4線の地下駅です。地上階の一階、改札口階の地下一階、ホーム階の地下二階と、3フロアに分かれた構造になっています。一階には京阪シティモールがあり、『天満橋駅』の利用客向けのショッピングスポットです。同一フロアにみずほ銀行のキャッシュコーナーがあるので、キャッシュコーナーを利用するついでに京阪シティモールを訪れる利用客も多くいます。地下一階にあるのは、二か所の改札口です。西改札と東改札に分かれ、それぞれに改札室ときっぷうりばが設置されています。自動定期券発行機は、東改札側にのみ設置。大阪水上バスののりばに繋がる通路は、西改札側にあります。地下一階から地下二階ののりばへ移動する際は、目的地に向かう路線に合わせたエスカレーター(エレベーター)を選ぶことが必要です。四番ホームの淀屋橋側には石碑が飾られています。先覚志茲成(せんかくのこころざしここになる)と記された石碑は、地下トンネルのポータル上から移設されたものです。京阪本線『天満橋駅』は、交通の要所として、ショッピングスポットとして利用されています。

天満橋駅の物件一覧

条件を追加↓
以下の条件で絞り込む
物件価格
築年数
延床面積
駅までの所要時間
間取り
該当件数38

現在の検索条件

沿線・駅を変更する× JR環状線
JR東西線
近鉄奈良線
京阪中之島線
京阪本線
大阪市営地下鉄堺筋線
大阪市営地下鉄千日前線
大阪市営地下鉄谷町線
大阪市営地下鉄中央線
大阪市営地下鉄鶴見緑地線
大阪市営地下鉄御堂筋線
大阪市営地下鉄四つ橋線
阪急神戸線
阪神本線
閉じる ×
沿線・駅変更:京阪中之島線天満橋駅、京阪本線天満橋駅、大阪市営地下鉄谷町線天満橋駅
該当件数:38件中1〜20件表示
並べ替え
物件価格↓ 築年数↓ 専有面積↓ 新着順↓ リフォーム済
該当件数:38件中1〜20件表示

天満橋駅の中古マンションをこだわりから探す

京阪本線の駅から中古マンションを探す

京阪本線の中古マンションを探す


京阪中之島線天満橋駅の特徴って?
所在地/大阪市中央区天満橋京町1-1

京阪電鉄『天満橋駅』は、大阪市中央区天満橋1-1にある駅です。『天満橋駅』は、京阪本線と中之島線が乗り入れる駅で、大阪市営地下鉄谷町線も乗り入れています。1910年(明治43年)、京阪電気鉄道京都本線大阪側の終着点として開業し、大阪の起点となる駅として設置されました。当初は、現在の木端間駅よりの高麗橋の付近に設置する計画でしたが、大阪市電との乗り入れの関係により、京都寄りへと変更。1917年(大正6年)には、ホームを改築、1932年(昭和7年)までの間に3回新しく立て替えを行っています。1945年(昭和20年)6月の空襲により『天満橋駅』や周辺事務所が全焼するものの、翌年には、繊細の復旧を果たすのです。『天満橋駅』から直結する形で、1933年には京阪デパートが開店。その後は淀屋橋と『天満橋駅』の間の延伸開業により、1963年に地下鉄に移行します。北側に分岐する形で、京阪中之島線の建設が行われることになるのです。2006年に淀屋橋方面への路線が南側2線に切り替わり、北側2線は、中之島線の開業では、『天満橋駅』で京都方面への折り返しの駅として使用されました。2008年の中之島線開業とともに、北側2線を使い運航を開始しています。これに伴って、水陸交通ターミナルをコンセプトに、八軒家浜船着場が新たに開設され、地下ホームと地上を結ぶエレベーターも設置されました。駅ビル内には、京阪天満橋が改装オープンしています。近くには大阪造幣局もあり、桜の通り抜けの季節には大勢の人が利用する駅です。


大阪市営地下鉄谷町線天満橋駅の特徴って?
所在地/大阪府大阪市中央区 天満橋京町1丁目1

『天満橋駅』は大阪府大阪市中央区天満橋京町1丁目に位置する大阪市交通局が運営する市営谷町線の駅です。 京阪本線と中之島線、谷町線の3路線からの乗り入れがあり、近くに大阪府庁もあることから、官公街の主要駅。また、京都から大阪の街をつなぐ『京阪電車』が地下街で結ばれていて、京都の主要な都市に訪ねることができます。1991年(平成3年)に、大阪市交通局ではひとにやさしいまちづくりの一環で、エスカレーター・エレベーター整備計画を立案。『天満橋駅』構内にも、エレベータが3か所設置しており、身体が不自由な方や、車椅子、ベビーカーが簡単に乗り降りできるようになりました。『天満橋駅』には、さまざまな施設や楽しめる観光スポットがあります。『京阪シティモール』は『天満橋駅』西口に直結しているので、仕事帰りなどにも大変便利。徒歩1分のところには、『ホテル京阪 天満橋』があり、観光客やビジネスマンにとってアクセスしやすい場所となっています。『天満橋駅』より東口3番出口から徒歩10分のところには1583年(天正11年)羽柴秀吉が築き、日本三名城の一つに選ばれている大阪城や、東口3番出口より徒歩15分のところには、春には約130種類ものある桜が見どころの造幣局があります。造幣局桜の通り抜けは大阪の春を表しています。『天満橋駅』より中之島方面に歩いて行くと、川の駅『八軒家』が見えます。そこからは大阪の街並みや中之島を川面から散策できる水上バスが運行しています。