野田阪神駅の中古マンションを探す

野田阪神駅の中古マンションの特徴

大阪市営地下鉄千日前線野田阪神駅の特徴って?
所在地/大阪市福島区大開1丁目14-18

大阪市営地下鉄千日前線の『野田阪神駅』は、大阪市福島区大開1丁目14-18にある駅です。1969年(昭和44年)に開業しました。大阪市営地下鉄千日前線の終着駅で、阪神本線『野田駅』とJR東西線『海老江駅』に乗り換えられます。2面2線の、相対式で造られている駅です。改札口は北改札、中東改札、南改札の3箇所。南巽行きの列車は主に1番線から発車し、2番線には朝夕のラッシュ時に回送列車ととなって森之宮検車場へ向かう電車のみ停車します。2番線ホームからは北改札にしか行くことができず、エレベーターやエスカレーターでコンコースに出ることができません。そのため、2番線ホームに到着する列車は、北改札に近い進行方向前寄りの位置からの降車を乗客に呼びかけ、エスカレーター等を利用したい人には、前駅での後続列車への乗り換えを促しています。バリアフリーでホームから地上に出たい場合は、1番線ホームからエレベーターを使用し、中東改札口を出て、4番出口にあるエレベーターを利用するのがおすすめです。時刻表には2番線到着列車に印が記載されているため、判別可能。1番線には2014年(平成26年)にホームドアが設置されていますが、2番線ホームにはありません。しかし、2番線ホームの柱には、大阪市営地下鉄で1980年代まで使用されていたひげ文字で書かれた、現在のローマ字表記とは異なる駅名標が残っており、歴史を感じさせるアイテムのひとつになっています。2016年(平成28年)のとある1日の乗降人員は、25,161人でした。

お問い合わせフォーム

下記の入力フォームに必要事項をご記入の上、「確認」ボタンをクリックしてください。
必須マークの項目はご記入をお願いします。

物件の条件
ご希望内容
質問内容などをご自由に記入してください。
必須メールアドレス
必須お名前
フリガナ
ご住所
必須電話番号
プライバシーポリシーに同意のうえ、送信してください。

野田阪神駅と同じ沿線の駅の情報