日本橋駅の中古マンションを探す

日本橋駅の中古マンションの特徴

大阪市営地下鉄堺筋線日本橋駅の特徴って?
所在地/大阪府大阪市中央区日本橋1丁目18-14

大阪市営地下鉄堺筋線『日本橋駅』は、大阪府大阪市中央区日本橋1丁目18-14に位置する駅です。同じ住所内に大阪市営地下鉄千日前線の日本橋駅も存在しています。1969年(昭和44年)の12月6日に、天神橋筋六丁目から動物園前駅区間の開通と共に開業しました。当初は堺筋線の日本橋駅のみでしたが、1970年(昭和45年)3月11日に大阪市営地下鉄千日前線の桜川駅から谷町九丁目まで延伸開業したことにより、乗換駅として発展しました。その4日後となる3月15日には、近鉄日本橋駅が開業します。それにより、近鉄難波線への乗換駅としての役割も果たすようになりました。駅自体は相対式のホームとなっており、2面で2線が乗り入れるようなスタイルになっています。堺筋線のホーム下に千日前線のホームフロアが広がっており、乗り換えのしやすさが優先された構造の駅として誕生しました。『日本橋駅』の改札を出て地上に上がると、すぐそばには浪速の台所と呼ばれる黒門市場があり、一年を通して観光客で賑わっています。大阪の秋葉原と呼ばれる日本橋は電気街が建ち並び、オタク文化も発展している場所です。海外からもアニメ通の方が多く訪れ、外国のような雰囲気も漂っています。電気街とは反対の方向へ歩いていくと見えてくるのが、お笑いの聖地として知られるなんばグランド花月です。日本橋駅周辺には、大阪の観光地として知られる場所が徒歩圏内に集中しています。観光エリアにも近く乗換駅としても利用できる日本橋駅は、外国人観光客にもよく利用される駅です。

日本橋駅の物件一覧

条件を追加↓
以下の条件で絞り込む
物件価格
築年数
延床面積
駅までの所要時間
間取り
該当件数32

現在の検索条件

沿線・駅を変更する× JR環状線
近鉄奈良線
京阪中之島線
京阪本線
大阪市営地下鉄堺筋線
大阪市営地下鉄千日前線
大阪市営地下鉄谷町線
大阪市営地下鉄中央線
大阪市営地下鉄鶴見緑地線
大阪市営地下鉄御堂筋線
大阪市営地下鉄四つ橋線
閉じる ×
沿線・駅変更:近鉄難波線・奈良線近鉄日本橋駅、大阪市営地下鉄堺筋線日本橋駅、大阪市営地下鉄千日前線日本橋駅
該当件数:32件中1〜20件表示
並べ替え
物件価格↓ 築年数↓ 専有面積↓ 新着順↓ リフォーム済
該当件数:32件中1〜20件表示

日本橋駅と同じ沿線の駅の情報


近鉄難波線・奈良線近鉄日本橋駅の特徴って?
所在地/大阪府大阪市中央区日本橋1丁目18-14

近鉄難波線・奈良線の『近鉄日本橋駅』は、大阪府大阪市中央区日本橋1丁目18-14にある駅です。1970年(昭和45年)に近鉄難波線が開通したのと同時に開業されました。改札口は地下2階に2ヵ所と、昼間の12時から20時までは地下1階に1ヵ所改札が開放され、地下街の「なんばウォーク」に直結しています。駅構内には、地上と改札口をつなぐエスカレーター、エレベーターが設けられ、車いす対応トイレを完備しており駅のバリアフリー化を図っています。1日の乗降人員は、2015年(平成27年)の調べによると48,028人、平均乗車人員は22,115人です。また、大阪市営地下鉄『日本橋駅』が隣接しており、堺筋線・千日前線と乗り換えが可能。地下2階のコンコースへの入口は、大阪市営地下鉄『日本橋駅』の地下1階に設置されており、地上への出入り口を両社が共用しています。『近鉄日本橋駅』周辺は、繁華街である難波や道頓堀川など大阪の名所が近くにあることから、常に多くの人が集まるエリアです。また、日本橋は東京の秋葉原のような大規模な電気街のひとつであり、アニメやマンガなどのカルチャーが集まる聖地になっています。さらに百貨店や家電量販店、地下街である「NAMBAなんなん」など様々な商業施設が並び、大阪の笑いの聖地である「なんばグランド花月」も近いことから、賑やかで常に活気があふれる街と言えるでしょう。さらに駅から徒歩圏内にあるホテルや旅館など宿泊施設も充実しており、観光客が長く滞在できるのも嬉しいところです。


大阪市営地下鉄千日前線日本橋駅の特徴って?
所在地/大阪市中央区日本橋1丁目5-12

大阪市営地下鉄千日前線の『日本橋』は、大阪市中央区日本橋1丁目5-12に位置する駅です。開業は1969年(昭和44年)で、大阪市営地下鉄堺筋線の『天神橋筋六丁目駅』から『 動物園前駅』の開業と同時。地下2階に位置する駅で、島式ホーム1面2線を有している、地下駅です。乗り換えがしやすいよう、堺筋線の下に、千日線のホームが設置されています。スルッやKANSAIなどの、カードの利用が可能な駅です。堺筋線と千日前線の2路線が乗り入れており、近畿日本鉄道・阪神電気鉄道の『大阪難波駅』、南海電気鉄道『なんば駅』、大阪市営地下鉄『難波駅』、西日本旅客鉄道『JR難波駅』が、なんばウォークと呼ばれる地下街で結ばれている、利便性のいい駅です。このなんばウォークには、飲食店やファッション雑貨などを取り扱う店舗が多く存在し、ショッピングを楽しむ人々の姿も多く見られます。また、1984年(昭和59年)に開館した、日本で4番目に建てられた国立劇場である、国立文楽劇場があり、落語や漫才、人形浄瑠璃などを鑑賞することができ、日本の伝統文化を肌で感じることも。2012年(平成24年)には、火災対策工事を含む、駅舎の改装工事が行われ、駅から国立文楽劇場への連絡通路が設置されたほか、売店のリニューアルなどが行われました。喜劇専門の劇場、なんばグランド花月も駅周辺にあるため、観光スポットとしても知られているエリア。芸術やショッピングなどが楽しめるエリアだけあって、駅周辺にはホテルも多く存在しています。