桃谷駅の中古マンションを探す

桃谷駅の中古マンションの特徴

JR環状線桃谷駅の特徴って?
所在地/大阪市天王寺区堂ケ芝1丁目8-27

JR『桃谷駅』は、大阪市天王寺区堂ケ芝1丁目8-27 にある駅です。1895年(明治28年)に初代大阪鉄道『天王寺駅』から『玉造駅』間の延伸により『桃山駅』として開業。1905年(明治38年)には『桃谷駅』に改称されました。駅のシンボルフラワーは「桃の花」です。駅の構造としては、高架駅で相対式ホームが2面2線を有しています。信号機や分岐器は設置されていない停留所の分類になります。改札口は南口と北口の2か所。平成25年からは大阪環状本線改造プロジェクトがスタート。これまでに各駅のトイレを集中的に改良、発車メロディの導入、新型車両の開発、地域と企業を結ぶ連携イベントなども企画され、様々な施策が進められています。また、駅のリニューアル工事に合わせ高架下の商業開発も進んでおり、2016年8月高架下商業施設「ビエラ桃谷」も開業。北口も新改札としてオープンしました。工事は、駅構内の南北動線確保を目的として実施され、北側エリアのアクセスの向上と、「ビエラ桃谷」エリアと駅の一体化を目指しています。「ビエラ桃谷」は鉄骨の平屋建てで、店舗面積は1091㎡。出店する店舗はカフェレストラン、100円ショップ、ドラックストア、携帯ショップ、生花店などの5店舗。駅の構内には便利な「セブンイレブン」もオープンし、こちらにもその他5店舗が開業しています。JR 『桃谷駅』から約6分のところに『大阪上本町駅』、約2分のところに『寺田町駅』等の近隣駅もあり、通勤など生活するうえでとても便利な場所と言えます。

お問い合わせフォーム

下記の入力フォームに必要事項をご記入の上、「確認」ボタンをクリックしてください。
必須マークの項目はご記入をお願いします。

物件の条件
ご希望内容
質問内容などをご自由に記入してください。
必須メールアドレス
必須お名前
フリガナ
ご住所
必須電話番号
プライバシーポリシーに同意のうえ、送信してください。

桃谷駅と同じ沿線の駅の情報