福島駅の中古マンションを探す

福島駅の中古マンションの特徴

JR環状線福島駅の特徴って?
所在地/大阪府大阪市福島区福島7-1-3

JR『福島駅』は、大阪府大阪市福島区福島7丁目1番3号にある駅です。1898年(明治31年)に設立されました。JR『大阪駅』の隣駅で、阪神電車『福島駅』とも接続しています。駅から徒歩5分のエリアに広がるのは「ほたるまち」。2008年(平成20年)5月に、堂島川沿いの阪大病院跡地に誕生しました。「ほたるまち」を構成するのは、朝日放送本社ビル、ABCホール、堂島クロスウォーク、堂島リバーフォーラム。夜には、高層ビル群の明かりがほたるの様にリバーサイドを飾り、幻想的な雰囲気に包まれます。テレビ局、ホールなどの「文化・情報」、高層マンションやスーパーマーケットなどの「居住」、レストランやフラワーショップなどの「にぎわい」の3つ要素が融合した、都会的かつ居心地のよいエリアです。「ハービスPLAZA」は『福島駅』周辺にある複合商業ビルです。高級ブランドの旗艦店が立ち並ぶビル内は、ラグジュアリーな雰囲気。世界の名だたる高級ホテルの1つ「ザ・リッツ・カールトン大阪」とも接続しており、世界中から訪れる観光客を迎え入れる場としても機能しています。『福島駅』から南へ徒歩10分の距離にあるのが「国立国際美術館」です。そのルーツは1970年(昭和45年)の日本万国博覧会までさかのぼり、2004年(平成16年)に現在の場所に移転されました。完全地下型の美術館は、空間そのものも美術作品の様です。水辺の都会的な風景が魅力的なJR『福島駅』エリアは、文化の発信地としても重要な役割を担っています。

お問い合わせフォーム

下記の入力フォームに必要事項をご記入の上、「確認」ボタンをクリックしてください。
必須マークの項目はご記入をお願いします。

物件の条件
ご希望内容
質問内容などをご自由に記入してください。
必須メールアドレス
必須お名前
フリガナ
ご住所
必須電話番号
プライバシーポリシーに同意のうえ、送信してください。

福島駅と同じ沿線の駅の情報


阪神本線福島駅の特徴って?
所在地/大阪市福島区福島5丁目8-10

大阪府大阪市福島区福島5丁目8-10に位置する、阪神本線の駅のひとつが『福島駅』です。阪神本線が開業した、1905年(明治38年)に同時開業しました。1945年(昭和20年)には戦争によって営業を休止するものの、1948年(昭和23年)に営業を再開した歴史を持つ駅です。1993年には地上駅から、地下へ駅を移転。現在では、相対式ホームを採用しており2面2線が設置される地下鉄道としての営業を行う駅になっています。駅乗降客のほとんどが、オフィスビルへ向かう会社員で、2015年(平成27年)の1日乗降人数は10,908人です。駅到着前には車内アナウンスで、「ラグザ大阪、ホテル阪神前」という音声が流れ、『福島駅』に多くの施設が立ち並ぶ地域であることが印象付けられます。『福島駅』周辺には、大阪高等検察庁などの入る24階建ての高層ビル「大阪中之島合同庁舎」や、免震構造の住居専用では世界一高い「シティタワー西梅田」、オフィスや宿泊施設が一体となった「ラグザ大阪」、「ホテル阪神」などの、大型ビルが立ち並ぶ地域。駅近くの福島聖天通商店街も人気のスポットとしてしられており、別名を「売れても占い商店街」として占いと買い物を一度に楽しめるユニークな商店街です。堂島川沿いの、「ほたるまち」と呼ばれる再開発地域では、朝日放送本社、ABCホール、堂島リバーフォーラム、商業施設 堂島クロスウォークなど、数多くの施設が集まるスポット。新しい建物や施設と、歴史を持つ商店街との共存が、『福島駅』周辺には広がっています。