京阪中之島線の中古マンションを探す

京阪中之島線の特徴

京阪中之島線の特徴って?

京阪中之島線は、大阪市北区を流れる堂島川と土佐堀川に囲われた中之島エリアを東西に走る、京阪電気鉄道の路線。起点は『中之島』駅で、『天満橋』駅から『中之島』駅へ走行する列車を「下り」、逆方向を「上り」としています。『中之島』駅、『渡辺橋』駅、『大江橋』駅、『なにわ橋』駅、『天満橋』駅の全5駅、路線の全長は3.0kmで、全区間が地下を走行しています。京阪本線とは一体運行されており、中之島線内を走る列車はすべて、各駅に停車します。堂島川と土佐堀川が流れていることから、空調の熱源として川から水を汲み上げ熱交換して得た熱エネルギーを利用することにより、省エネ化を図っています。中之島線のシンボルとして「木」・「水」を定め、全駅が「木」・「水」をイメージしたデザインで、改札口やホームにはガラスや木材が多く利用されています。『中之島』駅のホーム側の壁は、日本の地下駅で最初に不燃性の木材を使い建設されました。また、ホームには『なにわ橋』駅と『大江橋』駅間のトンネル貫通工事の際に、実際に利用した機械の一部がモニュメントとして保存されています。『なにわ橋』駅は、駅の出入り口が「中之島公園」内にあるため、他の駅とは異なる特徴のある構造になっており、2009年(平成21年)「グッドデザイン賞」・「メセナアワード2009 文化庁長官賞」を受賞しています。繁華街である梅田・北新地エリアの最寄り駅のひとつである『大江橋』駅は大阪市営地下鉄の御堂筋線へ、『なにわ橋』駅は京阪本線、大阪市営地下鉄の堺筋線『北浜』駅へ乗り換えができます。また、『渡辺橋』駅は大阪市営地下鉄の四つ橋線、「大阪城」の最寄り駅のひとつでもある『天満橋』駅は京阪本線、大阪市営地下鉄の谷町線へ地下通路で連絡していて利便性の高い路線です。

京阪中之島線の駅一覧

京阪中之島線の新着中古マンション情報