近鉄奈良線の中古マンションを探す

近鉄奈良線の特徴

近鉄奈良線の特徴って?

近鉄奈良線は、近畿日本鉄道の路線であり、大阪府東大阪市の『布施』駅から、奈良県奈良市の『近鉄奈良』駅を結ぶ鉄道路線です。全走行距離は26.7kmとなり、1914年(大正3年)に完成した全長3,500mの生駒トンネルを通る路線です。本線の開通により、大阪市と奈良市が最短ルートで結ばれています。駅数は19駅あり、特急、快速急行、急行、準急、区間準急、普通の運転形態となっています。一日の運転本数は、普通列車が約80本で最も多く、快速急行がその半分の40本前後となっています。通勤時間帯や休日には、平日の6両編成を8両から10両編成に増やし、多くの乗客に利用されています。全ての路線でICカードの利用が可能です。『布施』駅から『近鉄奈良』駅までの区間における、一日の乗降人数は、『学園前』駅が約5,700人と一番多く、続いて終点の『近鉄奈良』駅、『生駒』駅、『大和西大寺』駅の順で乗降客が多い駅となります。『布施』駅を出て生駒トンネルに入る手前は、昔からの古い住宅や工場等が多い地域があり、それを過ぎると、家具で有名なニトリモール東大阪があります。トンネルを抜けると、ラグビーで有名な花園ラグビー場があります。沿線は大阪のオフィス街があり、夜はきれいな夜景を見ることもできます。『学園前』駅には、帝塚山学園の他、いくつかの学校があるため、通勤や通学に利用される乗客で朝夕は大変な混雑となります。近鉄奈良線の特徴として、主要な『大和西大寺』駅、『新大宮』駅、『近鉄奈良』駅、『八戸ノ里』駅にレンタサイクルが設置されていて、通学、通勤、買い物等に利用できます。普通自転車の他、電動アシスト自転車もあり、料金もお手頃です。主要駅には商業施設も多く、乗り換えも便利で、生活をする上でも暮らしやすい場所です。

近鉄奈良線の駅一覧

近鉄奈良線の新着中古マンション情報