JR環状線の中古マンションを探す

JR環状線の特徴

JR環状線の特徴って?

JR環状線は大阪市の『大阪』駅、『西九条』駅、『天王寺』駅、『京橋』駅間の19駅を環状に結ぶ21.7kmの路線で、正式名称は「大阪環状線」と呼ばれています。東側の旧城東線区間に位置する『大阪』駅、『京橋』駅、『天王寺』駅では折り返しの区間列車も設定されています。多くの駅でJRや私鉄各線、大阪市営地下鉄への連絡や直通運転も行われている、大変利便性の高い路線です。路線の近隣は商業施設や住宅地として開発され続けています。地上300mの高さを誇る日本一の超高層ビル「あべのハルカス」や「大阪市天王寺動物園」などがある『天王寺』駅は乗車客数が多く、JR西日本の駅別乗車人員数で第3位となっています。また、『鶴橋』駅周辺の賑わいは環境省「かおり風景100選」にも選ばれました。一方、西側の区間では特急や快速列車が増えたことや、「京セラドーム大阪」、「ユニバーサルスタジオジャパン」がオープンしたことにより、土曜・休日の利用者が増えています。環状線という名称ではあるものの、東京のJR山手線のようにすべてが環状運転とはなっておらず、他路線からの直通列車も多い路線です。奈良方面、関西空港方面、和歌山方面などは快速を利用すると、とても便利にアクセスすることができます。2013年(平成25年)から利用者の拡大、大阪の活性化を目指し「大阪環状線改造プロジェクト」が始まりました。プロジェクトの一つとして、全駅へ「その駅(まち)らしさ」をテーマにした発車メロディーが導入され、駅のシンボルフラワーも定めてインフォメーションボードや案内サインなどのデザインとして、随所に採り入れられています。新型車両投入やトイレの改良、高架下開発、高架下アート計画などが進み、より快適で、より魅力的な路線に変貌を遂げています。

JR環状線の駅一覧

JR環状線の新着中古マンション情報