2018.11.19

【今すぐ or 5年後】どちらがお買い得か徹底比較



今すぐ!?それとも5年後!?


これは悩みますよね…。
その前に色々と考える必要が
あると思います。

・自身やご家族のご意向。

・住宅ローンを組む場合は
 現在の年齢、貯蓄、収入、
 自身や家族のライフプランを
 シュミレーションして
 今まで購入した方が良いかを
 考えてみる。

・将来はわからないのですが
 住宅ローン金利、税制制度
 景気の行方、自身の将来を考えてみる。

・老後の住まいや生活資金(年金含む)

・マイホームを買った方が良いのか
 ずっと賃貸でもいいのか?

と色々とあると思います。

余裕資金で住宅を購入するのであれば
特にいつ買っても買わなくても
問題はないかと思いますが

住宅ローンを組んで住宅を購入する場合は、
俗に働き盛りといわれる30代~50代で
どれだけ住宅ローンを返済できるか、
年金暮らしになるときに住宅ローンは完済できる算段が
付くかは絶対に考えた方が良いと思います。

となると少しでも早く、無理のない予算で
購入して、余裕資金が出たら
すぐにこまめに繰り上げ返済して
住宅ローン残高を減らすことが
大切ということになっています。

またお金を貯めてから購入するという
選択しもあるかと思いますが
これもある意味正解かもしれませんが、
リスクとして考えられることは



・住宅購入資金を貯蓄している間にも
 家賃が発生する。

・住宅購入資金を貯蓄している間にも
 年を重ねて住宅ローン返済が遅れてしまう。

・住宅ローン金利の行方

・時限立法による住宅ローン控除や
 住宅取得優遇税制の行方。

・消費税の行方

など考えるべきことはたくさんあると思います。
いわゆる団塊の世代の時は住宅ローンも
今のように頭金なしで購入というは
仕組み的にできず、最低でも購入代金の
2割は出さないと住宅ローンが組めませんでしたし

現在、金融機関へ貯蓄してもスズメの涙にもならない
金利しかつきませんが、団塊の世代時代には
貯蓄をしていれば10年で複利計算による金利が付いて
貯金額が約倍になる時代です。

「お金を貯めてから購入した方がよい」

一見もっともらしく聞こえる
今とは前提が違います。
課題や問題を先延ばしするだけの結果に
なってしまうかもしれません。



お金だけのことだけ考えれば
5年後に毎月頑張って5万円貯蓄して
3年後約300万円の頭金を貯めて購入するのと

今すぐに頭金ゼロで購入した方が
収支で言えば、有利な場合が多いと思います。

だからと言って、何も変えずに
とにかく早く買うんだ!
というのも違うと思いますので

決して予想どおりには人生行かないですし
将来のことはわからないのですが
ファイナンシャルプランをしてみて
予想をしてみるということは
決して無駄になることはないと思います。

その上で人生のお金の流れを勘案した上で
”予算”と”購入時期”と”返済計画”が
しっかりしていればおのずとそれぞれの
購入すべき時期が明確になり
それを逆算した計画が成り立つかと思います。

私個人的な意見ですが
住宅を購入する目的をしっかり
もって頂きたいなと思っていて

住宅を購入する目的は
ただ、今よりきれいな家に住む
ただ、今より広い家に住む
ただ、今より便利な家に住む



というのが目的ではなく
結婚していてもしていなくても
自身と周りの大切な人が
”物心共に豊か”に人生を老後まで
おくれることこそが住宅を購入する
”真の目的”であると考えています。








 

←一覧に戻る