2018.12.03

【不動産の探し方】希望通りの不動産を見つけるためのポイントとは



希望通りの不動産を見つけるためのポイントとは!?
難しいですね、答えはないと思いますが
探し方も大事ですが、

”準備”

も大事だと思います。
準備というのは物件を探す
条件をしっかり決めて
なるだけ、その条件の幅を最初は絞ること。
だと思います。

何故かというと、
条件を特に決めないで
物件を探すエリアなんかも
どこでもいいとなると
探すエリアも広くなりますし
各エリアで価格の単価や特性も違う。

その状況では比較検討が難しいですし
自分で物件を探すとなると
なかなか、すべてのインターネット上の
媒体すべてに目を通し
確認も難しいですし、
不動産会社に物件探しを依頼しても
不動産会社としてもなかなか骨が折れる
作業となり、求めている情報は
得られないこともあるかもしれません。

物件を探すエリアもそのエリアにする
目的と範囲を決めたうえで

・予算
・広さ
・立地条件(駅徒歩3分以内等)
・こだわり条件(上層階、角部屋等)

を決めていれば物件情報が
出てきたときにすぐに振るいに
掛けることができますし、
条件にはまっているとすぐに
購入に意思表示を示すことができて



人気物件となると
”取り合い”の状態になり
基本的には先着順になるので
条件に合う購入したい物件を
確実に獲得できる可能性が高くなります。

もう一つ言うと
住宅ローンで住宅を購入するときに
購入申込書を書くだけでは
その住宅を第三者に取られないように
押さえることはできない場合が多いんです。

どうしたら押さえることができるかというと
住宅ローンの事前審査をして
承認が確認できる書面があって
初めて購入の意思があって
資金的にも問題なく、売主様から見ると
この方と安心して契約できる状態になるからです。

なので住宅ローンの事前審査に必要な書類

・収入証明(源泉徴収票、確定申告書など)
・身分証明書(運転免許証、健康保険証)
・お認印

などをすぐに提出できる準備を
しておくことが大事です。
特に源泉徴収票などは失くしてしまっている
場合もあって、その場合は勤務先から
再発行してもらうとなると勤務先によっては
1週間位時間が必要で後手後手になると
折角苦労して最高の物件と出会えたのに
先着順でご縁がなくなることも実際あります。
※当然、現金(キャッシュ)で購入する場合は
 この限りではありません。

それともう一つ大事な情報は
情報源をしっかり確保すること。
大きくは2つあると思います。

・ご自身でポータルサイトやチラシなどで
 情報収集

・物件を探すエリアに密着した
 不動産会社に希望条件を伝え、条件に合う
 物件が出たら連絡してもらう。

これは物件によっては
自分で探す方が早く物件情報を
キャッチできる場合もありますし
不動産会社の方が早い場合もあるので
どちらも確保しておくことが漏れがなくなります。

あとはその希望条件も
最初は少しだけ広く条件を設定し
探していく経過でその希望条件も
絞っていくことが物件探し成功への
近い道だと思います。

一番避けたいのはだんだんとエリアや
希望条件が広くなり、判断基準が
あいまいになり、どんどんいい物件が
出てきても決めきれなくなり
購入時期が遅れて、疲れて
購入を断念、時期を逃してしまうことです。



自分や家族にって豊かな時間を過ごすことになる
”マイホーム探し”その過程でさえも
楽しんで探して頂ければ何よりですし
その結果、物件との出会いがあれば
衣食住の”住”をになうマイホーム。
いい出会いを準備と行動で引き寄せれれば
きっと、その後人生が豊かになるのでは
ないかと思います。

←一覧に戻る